mosのひとりごと

    主にクワガタ飼育についてひとりごと言ってます

    2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

    | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    アゴつる遺伝確定?

    lyu様の記事をみて、ここ最近思っていたことを記事にしてみます。

    我が家の本土ヒラタ鶴太郎血統のことです

    以前から言ってましたように、我が家の飼育ヒラタはギザギザがはっきりしておりません。

    (F2はサイズよりも比較的ギザギザがあるものを種親にしましたが)

    採集個体も鶴太郎でした。

    数週間前、ネット上を徘徊していると地元の特産物を扱っている店?市場?のHPをみつけました。

    近所の農家の方等が卸しているわけですが、夏期限定でカブクワも販売しているみたいなんですね

    HP にはカブクワの種類、サイズ別に値段も表示されていたんです。

    ヒラタクワガタ大型○○○円と画像

    気になるのは画像!大型とありますから、おそらく50後半から60upでしょう。

    見事に鶴太郎!!!

    そしてもっと気になるのはこの販売している場所!

    僕のよく行く何ヵ所かのポイントを結んだちょうど真ん中くらい!

    カブクワを持ち込む方はそんなに遠くの人ではないはず!

    なんか鶴太郎血統は遺伝ということを確信してしまいまいた。

    そしてなぜこれがlyu 様の記事と関連があるかというと

    僕の採集範囲は車で1時間以内で行ける所です そう決めて行動していました。

    住んでいる所は大阪に比べたら全然都会ではないですが、街ではあります

    自然はというと点在的で針葉樹が多い赤土

    クワガタは局所的に累代重ねると鋸歯が消失するらしい(情報源はくわがた散歩道様のブログか、他の方のHPだったか…すみません)

    同じ北部九州、福岡県産のヒラタでも他の方の採集個体は鋸歯がはっきりしている。

    自然が色濃く残っている所で採集されていると思います。

    今年は少し範囲を広げギザギザヒラタを採集したいと思います。
    スポンサーサイト

    | 本土ヒラタ | 11:06 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。